LINEは2019年10月に無料のプログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」を公開しました。

「LINE entry」公式サイトはこちら
「LINE entry」に関する発表はこちら


「LINE entry」公式サイトには、直感的に操作できるビジュアル型のプログラミング言語を使って、LINEのキャラクターを自由に動かしたり、オリジナルのゲームを作ったりできる「ワークスペース」というページがあります。

この記事では、LINEのエンジニアが実際にワークスペースで作った「りんごキャッチゲーム」のデータを公開します。ゲームをプレイする方法もご紹介しますので、
ぜひ遊んでみてください!1分でできます。(PC推奨)


まず、以下から「ringo.ent」ファイルをダウンロードします。
※ダウンロードはこちら(zipファイルを解凍してください)


ダウンロードできたら、LINE entryの公式サイトにアクセスし、「ワークスペース」をクリックしてください。

messageImage_1573525768368


次に、ワークスペースの右上のボタンから「オフライン作品を読み込む」をクリックしてください。
1573525861957


すると、どのファイルを開くか聞かれるので、最初にダウンロードした「ringo.ent」ファイルを選択してください。

これで、ワークスペース上で「りんごキャッチゲーム」を操作できるようになります。

messageImage_1573526609840


それでは早速、ゲームをプレーしてみましょう。スタートボタンをクリックしてゲームを開始できます。

キーボードの「←」「→」キーでブラウンを左右に移動させ、ランダムに落ちてくるりんごをキャッチ!

3回ミスするとゲームオーバーとなります。

ringo


ソースコードのブロックをいじることで、ゲームの仕様を変えることもできるので、興味のある方はそちらもぜひ触ってみてください。

また別の機会に、この「りんごキャッチゲーム」の作り方もご紹介する予定です。お楽しみに!