LINEでは、子どもたちがインターネットやSNSを安心安全に楽しめるよう、2013年から様々なネットリテラシー啓発活動を行っており、数多くの学校を訪問させていただきました。

それらの経験や知見を活かして、新たにプログラミング教育に参入するべく、無料のプログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」を開発し、2019年10月にリリースしました。

そのリリースに先駆け、LINE社員の子ども向けに「LINE entry」を活用したプログラミング体験授業を実施しましたので、その様子をお伝えします。

■「LINE Family Day 2019」でLINE entryを活用したプログラミング教室を実施
LINEの本社と大崎オフィスで、2019年8月6日と7日、22日の3日間にわたり開催された、LINE社員の家族をオフィスに招待する「LINE Family Day 2019」。様々な催し物が行われる中で、LINE entryを活用したプログラミング教室を実施しました。


image01

「プログラミングでゲームを作ってみよう!」という授業では、LINEのエンジニアが講師を務めました。ゲームやプログラミングに興味のある小学校高学年のお子さん達が参加し、大盛況。プログラミング初体験という子も多く、みなさん真剣な表情で説明を聞いています。

image02a

ゲーム作りは一筋縄ではいかない様子。親子で一緒に試行錯誤しながら作り上げます。

image03

苦労して作ったゲームがちゃんと動く達成感と嬉しさで、特に後半は笑顔が溢れていました。

image04

こちらは「プログラミングロボットで遊んでみよう!」という授業。障害物があるコースを上手に走らせるという内容です。 PCを使わないためゲーム作りよりはハードルが低く、主に小学校低学年の元気なお子さん達が参加しました。

image05

リアルなハードウェアが動くことで「自分の考えた指示で動かしている」という喜びを実感しやすいのか、とても賑やかで楽しい雰囲気の教室でした。

■算数の授業で使えるLINE entryのオリジナル教材を活用したプログラミング体験授業を実施
8月19日には、小学校5年生の算数の授業で使えるLINE entryのオリジナル教材「プログラミングで正多角形をかこう!」を活用したプログラミング体験授業を、LINE社員の子ども向けに実施しました。

image06

講師はLINE entryの共同開発・監修に携わった千葉大学教育学部付属小学校の小池翔太教諭が担当。

image07

コニーのTシャツのデザインを手伝うために、プログラミングで正多角形を描こうという内容です。


image08

プログラムを書く前に、まずはワークシートを使って自分の考えを整理していきます。

image09

考えが整理できたら、いよいよプログラムを書き始めます。隣の席の子と自発的に教えあう姿も見られました。

image10

書いたプログラムはLINE entryのソフトウェア上で動かすだけでなく、ハードウェアと連携してカメのロボットも動かすことができ、実際に思い通りの多角形を描けるのか確認することもできました。

なお、LINEが認定するプログラミング教育の専任講師が無償で全国各地の学校を訪問し、プログラミングの授業をサポートする「出前授業」の申込も受付中です。興味のある方は以下URLをご参照ください。