無料のプログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」の公式サイトには、直感的に操作できるビジュアルプログラミングを使って、LINEキャラクターを自由に動かしたり、オリジナルのゲームを作ったりできる「ワークスペース」があります。
※LINE entryに関するプレスリリースはこちら

前回の記事では、このワークスペースでブラウンを歩かせる方法を解説しました。

今回の記事では、前回に引き続き、LINEキャラクターのコニーを追加して、ブラウンとコニーに追いかけっこをしてもらいます。完成イメージは以下の通りで、コニーがブラウンに追いつけるようにしてあげましょう。そんなに大変ではないので、5分くらいでできると思います!
※PC推奨です

gif06

まずはLINE entryの公式サイトからワークスペースにアクセスします。

1578996081526

ワークスペースにアクセスできたら、「+」ボタンをクリックしてください。

1579525813858

キャラクターの選択画面が出てくるので、「歩くコニー」を選択して、「追加する」をクリック。

1579525898915

するとブラウンがいた場所にコニーが新たに登場しました。マウスで左クリック(長押し)しながら画面の左端に移動させましょう。

202001202214

コニーを画面の左端に移動させたら、ここで一度スタートボタン「▶」をクリックしてみてください。

gif03

コニーはまったく動かず、ブラウンだけが歩いてしまいました。これはなぜかと言うと、コニーには何の指示も出していない(ブロックを組み立てていない)からです。

コニーを動かすためには、前回の記事同様に、ブロックを組み立てて動き方の指示を出す必要があります。そこで、ブラウン用に組み立てられたブロックをコピーして、コニーにも同じ動きをさせましょう。

一度ブラウンを左クリックしてブラウンが選択された状態にしてから、一番上のブロック「スタートボタンをクリックした時」を右クリックして、「ブロックをコピーする」を選択します。

202001202228

つづいて、コニーを左クリックして、コニーが選択された状態にしてから、何もないところを右クリックして「貼り付ける」を選択してください。

202001202231

これで、ブラウンに設定されていたブロックと同じ組み合わせのブロックをコニーにも設定できました。ここで一度スタートボタンをクリックしてみましょう。

gif04

ブラウンとコニーが同じスピードで歩きました。ここから、コニーがブラウンに追いつけるように、コニーをスピードアップさせます。

コニーが選択されている状態で、「進む方向に"10"移動する」のブロックを「進む方向に"20"移動する」に変更します。これで、コニーの歩くスピードが2倍になります。

202001202243


変更できたらスタートボタンを押してみましょう。

gif05

コニーの歩くスピードが速くなって、ブラウンに近づくことができましたが、あとちょっと距離が足りませんでした。そこで、先ほどのブロックを「進む方向に"30"移動する」に変更し、コニーの歩くスピードを最初の3倍にしてみます。

202001202246

この状態でスタートボタンをクリックしてみると、

gif06

コニーがブラウンに追いつくことができました!これで無事完成です。なお、作ったプログラムは会員登録をすることで、保存・管理できるようになります。(詳しくはこちら

いかがでしたでしょうか?このようにブロック(視覚的なオブジェクト)を組み立ててプログラムを作っていくプログラミングのことを「ビジュアルプログラミング」などと呼びます。

ブロックの中の数字をいじることで、歩くスピードを速くしたり遅くしたりすることができます。また、キャラクターの大きさや進行方向を変えることもできますので、ぜひいろいろ試しながら、自由自在にLINEキャラクターを動かしてみてください!

gif10