ゼログラロゴ

一般社団法人ジュニアプログラミング推進機構が主催する小学生のためのプログラミング大会「ゼロワングランドスラム(以下ゼログラ)」の2021年度決勝大会が、2022年3月20日(日)にオンラインにて開催されました。 LINEみらい財団は本大会を通じてプログラミングの楽しさや可能性を広めるために、メディアパートナーとして協力しており、エントリー開始時に主催団体へインタビューを行なった記事も本ブログに掲載しています。どんな大会なのか興味を持たれた方は下のリンクからお読みください。

本日エントリー開始!ゼロワングランドスラムの主催団体にインタビュー!

ゼログラは今回が初開催ながらも、1st STAGEであるWEB予選には、なんと全国から約1,500名もの小学生プログラマーがエントリーしました。その中から上位成績者30名が2nd STAGEである東日本、西日本ブロック大会に進出し、3人1組のチームを組んで、「Scratch」「Minecraft」「ロボット」の3種目で競い合いました。白熱した東日本、西日本ブロック大会の様子はそれぞれ動画で公開されています。ぜひご覧になってください!

2nd STAGE 西日本ブロック大会の様子


2nd STAGE 東日本ブロック大会の様子

動画では選手たちが実際にプログラミングをしているところも見ることができます。審査員のみなさんも驚くようなスピードで選手たちがプログラムを作り上げたり、試行錯誤をしたりしながら、つぎつぎにお題をクリアしていく様子は圧巻です!

そして決勝大会に進出し、全国から集まった小学生プログラマーの中から見事優勝に輝いたのは、東日本ブロックAチームでした。チーム全員がそれぞれ担当する種目で素晴らしいパフォーマンスを披露し、全国No.1という素晴らしい結果を勝ち取りました! またこちらの決勝大会の様子も動画で公開されています。ぜひご覧になってください!

Final STAGE 決勝大会の様子 Part1


Final STAGE 決勝大会の様子 Part2


Final STAGE 決勝大会の様子 Part3


378A7490

378A7786

一般的なプログラミング大会は、作品を作り上げて提出するコンテスト形式が多いですが、ゼログラのようにチームで対抗したり、その場で作成したりする競技形式は、オンラインでの開催でありながらとても白熱し、またひと味違ったプログラミングのおもしろさがあるように感じました。
プログラミングに興味を持った方は、プログラミングを学んで大会にエントリーしてみましょう!

大会の結果の詳細は以下の通りです。

優勝チーム 東日本ブロックAチーム
谷 湧登 選手(小学4年生・東京都・担当Scratch)
松本 光雄 選手(小学6年生・東京都・担当Minecraft)
川口 優輝 選手(小学5年生・東京都・担当ロボット)

準優勝チーム 西日本ブロックBチーム
富樫 暖 選手(小学6年生・三重県・担当Scratch)
荒木 孝文 選手(小学6年生・愛知県・担当Minecraft)
納村 尚真 選手(小学6年生・石川県・担当ロボット)

第3位チーム 西日本ブロックAチーム
吉田 翼 選手(小学6年生・滋賀県・担当Scratch)
藤井 樹 選手(小学6年生・大阪府・担当Minecraft)
川口 明莉 選手(小学5年生・愛知県・担当ロボット)

第4位チーム 東日本ブロックCチーム
小田島 賢佑 選手(小学4年生・茨城県・担当Scratch)
杉江 浩太 選手(小学5年生・東京都・担当Minecraft)
五月女 拓海 選手(小学5年生・東京都・担当ロボット)


●まずは登録! →  LINE entry
●LINE entryの動画はこちら! →  YouTube
●公式Twitter フォロー、いいね!・RTもお願いします! → 公式Twitter
●ブックマーク登録お願いします →  公式ブログ