LINE entryでは初となる中学生向け教材「[中学・技術]プログラムでエアコンをコントロールしよう」を追加しました。こちらは放送大学教授・博士(情報学)の中川一史先生監修のもと、小学6年生の理科向けのプログラミング教材を、中学の技術分野(情報の技術)向けにアレンジ、再編成したものです。また文部科学省が定める学習指導要領に則って作成されており、生徒が「計測・制御のプログラミングによる問題の解決」を強く体感できる設計となっています。

図1

[中学・技術]プログラムでエアコンをコントロールしよう

本教材では身近な電化製品であるエアコンを題材とし、生徒はPCの画面の中に再現された仮想のエアコンをプログラムで制御します。そして実物では確認しにくい電気の効率化を電気代という数値で確認することができるようになっています。
そして計測・制御で重要となるセンサーとプログラムの関係やプログラミングの基本である順次、繰り返し、条件分岐も丁寧に解説しており、プログラミングを初めて学ぶ生徒への指導も安心です。教材中のレッスンでは下の図のように決められたルールに従って、生徒自身が試行錯誤しながら最適なプログラムを考えることでプログラミング的思考を身につけます。

図1
最終目標は決められたルールに従って、できるだけ電気代を安く抑えるプログラムの作成。

本教材を使用して温度センサーによる気温の計測とプログラムによるエアコンの制御を学ぶことで、日々の生活の中から課題を見つけ、技術の授業で習得する、計測やプログラミング制御のスキルを使った具体的な解決策を考える能力を養います。

またこれまでの学校向け教材と同様に、授業の進行例を記した「ガイドブック」、プロジェクターや大型モニターに映して解説に使える「スライドデータ」、生徒が自分の予想や考えを書き込むために印刷して配布できる「ワークシート」、LINE entryのレッスン画面に簡単にアクセスするための「教材リンク集」を用意しています。

図1
左から「ガイドブック」、「教材リンク集」、「ワークシート」、「スライドデータ」。

これらの教材は誰でも無料でダウンロードして利用することができます。ぜひ、プログラミングの授業にお役立てください。

●まずは登録! →  LINE entry
●LINE entryの動画はこちら! →  YouTube
●公式Twitter フォロー、いいね!・RTもお願いします! → 公式Twitter
●ブックマーク登録お願いします →  公式ブログ