こんにちは。LINE entry教材編集チームの松崎と申します。

 

2020年、小学校でプログラミング教育の必修化がスタートしました。チームのリサーチでは新型コロナウイルスの影響もあり、まだ教育現場では準備が整わず、実施されていない地域や学校も少なくないようです。プログラミング教育に不安を感じていらっしゃる学校の関係者や保護者の方も多いのではないでしょうか?

 

また「プログラミングって何?」と子どもに聞かれても、答えられない方もいらっしゃるのではないかと思います。今でこそよく耳にするキーワードですが、なんとなく知っていても「これだ!」と明確に答えるのは難しいですよね。

 

そこで、その質問の答えを小学生が聞いてもわかるように、簡単に解説していきたいと思います!

 

まず「プログラミング」とはコンピューターに仕事をしてもらうための手順書のようなものを作ることです。人間が言葉で会話するように、コンピューターとはプログラミング言語を用いて話すことができます。そしてプログラミング言語は全世界で数百種類の言語が存在します。現在、研究・制作されている言語もあったりとその数は明確にはわかりません。

 

そして、このプログラミング言語を使って作った手順書、つまりプログラムでコンピューターを制御します。「コンピューター」というと、ついパソコンやスマホ、ロボットなどを想像してしまいますが、ものすごく広いカテゴリーが含まれています。実は、多くの電子製品や機器にコンピューターが組み込まれています。

 

エアコンや洗濯機、電子レンジ、大型なものでは飛行機や自動車、信号機、小さいものだと計算機や腕時計、ポータブルゲーム機……あげていくとキリがありません。

 

それでは、エアコンにはどんなプログラムが設定されているのでしょうか?

冷房のスイッチを押すと冷房、暖房のスイッチを押すと暖房が機能し、26度の冷房のスイッチを押すと、26度まで部屋を冷やし、26度以下になると一度止まる。また27度になると冷風を出力するなど細かい命令がエアコンのコンピューターには組み込まれています。


この「〇〇のスイッチを押したら△△して」、「〇度になったら△△して」という動作の手順こそが、プログラムなのです。そのおかげで、今年の猛暑も快適に過ごせました。

 

このように身の周りにはプログラムされた機器であふれており、私たちも快適に暮らすことができています。これは、誰かがそうしたプログラムを作ってくれたから、つまりプログラミングしてくれたからこそ。これで「プログラミング」を少し身近に感じられたでしょうか?

 

そして、プログラミングは論理的思考(ロジカルシンキング)という「〇〇のスイッチを押したら△△して」という仕事の手順を組み立てる能力がベースとなっており、その学びは問題解決能力や生産性を効果的に高められると文部科学省の有識者会議でも認定されました。

プログラミング学習は子供の将来にも大きな影響を与え、社会の情報化やグローバル化などの変化に対応する大事な要素になるようです。


その明るい未来への一歩、プログラミング学習をLINEみらい財団で用意しています!

 


どなたでもすぐに無料で始められる「LINE entry」
図1

 

カテゴリーの「学ぶ」では、ゲーム感覚で始められる「ミッション」やご家庭で使える教材もダウンロードできます。個別に始められる「レッスン」、さらに「レッスン」をわかりやすく順序立てて段階的に進められる「コース」などを揃えています。

 

スクリーンショット 2020-06-30 16.36.34
 

カテゴリー「みんなの作品」ではゲームやアート、タイピング練習やマウス操作練習に適した楽しい作品がストックされており、そのプログラムなども参考にできたり、改造できたりとさらに深く学習を深められます。

スクリーンショット 2020-07-16 23.34.58

さらに、教育現場ですぐに導入できるスライド資料、生徒用のワークシート、教員用ガイドブックなども完備。小学校向けにはLINE entryオフィシャルインストラクターを派遣して行なう無料の出前授業や教員向けの研修を受付けています。詳しくは公式サイトからお問い合わせください。

※現在は新型コロナウイルス感染症対策のためオンラインで行っています。

 

スクリーンショット 2020-09-28 10.20.43

小学校の教員向けオンラインイベント

11/8(日)開催】 これからのプログラミング授業、LINEみらい財団がサポートします! 小学校の先生に向けた授業実践オンライン講座 参加者受付中


LINE entry」のサービスはこちらの動画でご確認いただけます。

 



●まずは登録! →  LINE entry 

●公式Twitter フォロー、いいね!・RTもお願いします! → 公式Twitter 

●ブックマーク登録お願いします →  公式ブログ