図1

プログラミング学習プラットフォーム「
LINE entry」と連携したLINE FRIENDSのロボット「コーディングロボット LINE FRIENDS EDITION」が販売しました。

コーディングロボットとは、「LINE entry」でプログラムを組んで自由に操作できるロボットのことです。あわせて、このロボットを使って学習できるプログラミング公式教材がリリースされました。こちらの教材は小学校の授業でも、ご家庭でも活用いただけます。
ロボットをプログラミングで動かす楽しさをぜひご体験ください!

LINE FRIENDSのプログラミング用コーディングロボットを販売開始 あわせてロボットを使った「LINE entry」公式教材をリリース



コニーのロボットを入手したので、開封の様子を写真いっぱいでお届けします。

S__21544992

箱のデザインはこんなイメージ。大きさは、たて6cm×よこ6cm×高さ11cmくらいでわりと軽いです。

 
S__21544999 

箱を開けてみました。中身はコンパクトに詰まっています。

 
S__21545000
 

同梱品は4パーツ。ロボット、青いボックス、ペン、カード類。

 
S__21545011
 

青いボックスの中身は充電用のケーブルとデータを移行するためのU S B


スクリーンショット 2021-01-06 10.35.05

カード類は計7枚、すべて広げてみました。片面に日本語版、もう片面は英語版になっていました。英語の勉強にもなりますね! カードを使用すれば、オフラインでもロボットを動かすことができるようです。

 

S__21545015
 

カードと一緒に商品概要マニュアルも入っていました。

 

S__21545002

ロボットを開けてみましょう。梱包されたシールもLINE FRIENDSで世界観バッチリです。

 
S__21545004

手のひらサイズのサリーのロボットです。クチバシの下には電源や動作状況をお知らせする表示灯が付いています。

 
S__21545008
 

横から見るとこんな感じです。トップの穴はペンを入れるホルダーとのこと。ペンと並べてみました。

 
S__21545006
 

背面にするとつるんとした感じ。背中部分にはスピーカーとソケットがあります。


S__21545005

ひっくり返してみました。底面にはシリアルナンバーと車輪、スイッチ、そして色を読み取るためのカラーセンサーがあります。ペン穴もありますね。

 
S__21545009
 

付属のペンはこうして使用し、ロボットで図などが描けるようです。


LINE entry」には、ペンを使用した教材も用意しています!

いかがでしたでしょうか? こんなにかわいいロボットと一緒に楽しく遊びながら、「LINE entry」でプログラミングを学んでみませんか?


■コーディングロボット概要

名称:コーディングロボット LINE FRIENDS EDITION(2種:ブラウン・サリー)

サイズ:54 x 54 x 62 (mm)

重量:約70g

価格:¥15,800(税別)

ご購入はこちらから → 加賀ソルネット株式会社 EMカンパニー

 
 

■「ロボット版」公式教材

小学校5年 算数 「プログラミングでトラックをかこう!」

小学校4年 算数 「ロボットをプログラミングして角をこう!」

小学校5年 算数 「ロボットをプログラミングして正多角形をこう!」

小学校6年 算数 「ロボットをプログラミングして拡大図や縮図をこう!」

 
 

ロボットの遊び方やロボット教材のレクチャーは、今後、こちらで紹介していく予定です。どうぞお楽しみに!

 
 

●まずは登録! →  LINE entry 

●公式Twitter フォロー、いいね!・RTもお願いします! → 公式Twitter 

●ブックマーク登録お願いします →  公式ブログ