LINE entry

レクチャーを含む記事

ゲームではマウスのほか、上下左右のカーソルキーなどを使ってキャラクターを操作することがありますよね。今回はキーボードを使ってキャラクターを動かす方法を2つ紹介します。 マウスを使った方法はこちらの記事で紹介しています。未読の方は下のリンクから読んでみてくだ

ゲームではマウスや上下左右のカーソルキーなどを使ってキャラクターを操作しますよね。今回はマウスを使ってキャラクターを自由自在に動かすプログラミングを2つ紹介します。それでは下記のリンクからLINE entryのワークスペースにアクセスしてプログラミングを始めましょう

パソコンを使わないでプログラミング!フローチャート入門③前回は紙とペンを使ったプログラミングであるフローチャートでくり返しと条件分岐を表わす方法を学びましたね。2つのプログラミング要素を新たに学んだことで、身の回りのいろいろな手順をフローチャートで表わせる

前回は紙とペンを使ったプログラミングであるフローチャートの書き方を学びましたね。ほかの人に何かをやってもらうために、四角で囲んだ手順を矢印で結び、上から順番にやっていくというものでした。プログラミングには、くり返しや条件分岐のように実行する順番を変える要

プログラミングはパソコンやタブレット、スマホなどでしかできないと思っていませんか? 今回は「フローチャート」とよばれるパソコンを使わずに紙とペン(筆記用具)を使ったプログラミングを紹介していきます。もちろん、パソコンを使ったプログラミングにも活かせることが

これまで2回に分けて「ソーシャルディスタンスチャレンジ」に使われているブラウンとほかのキャラクターとのきょりが近づいたときに赤い円が表示される仕組みを学びました。このユニークな仕組みを使ってソーシャルディスタンスを表現し、とてもおもしろいゲームにしていまし

今回も引き続き「ソーシャルディスタンスチャレンジ」のプログラムを見ていきます。前回はキャラクターとキャラクターのきょりを測るブロックを使って、ブラウンとのきょりをコニーに言わせるプログラムを作りましたね。前回の記事を読んでいない人は下のリンクからアクセス

「ソーシャルディスタンスチャレンジ」はLINE entry「みんなの作品」で公開されている作品です。これは昨年のTech Kids Grand Prix 2020にて見事LINE entry賞2位とYahoo賞をダブル授賞しました。今回はこの作品がどのようにプログラミングされているか見てみましょう!■ど

前回はみんなの作品で公開されている「はいチーズ カシャ!」のプログラムを見て、どのように得点を出しているか、そのプログラムを見ました。前回の記事はこちら●みんなの作品「はいチーズ カシャ!」のプログラムを見てみよう!こんな楽しいゲームは何回も遊びたいです